声楽講師 黒木香保里(くろき かおり)

3歳より音楽教育を始める。高校在学中、全日本学生音楽コンクール東日本大会において奨励賞を受賞。東京芸術大学音楽学部声楽科、及び、同大学大学院修士課程修了。大曲新人コンクール第一位。日中友好オペラガラコンサート(北京)、読売新人演奏会、芸大メサイア、台東区第九など、芸大代表として出演。卒業後、明治安田生命文化財団奨学生としてウィーンへ留学。ウィーン留学中、新国立劇場「ラインの黄金」エルダ役に抜擢。各方面より大絶賛を受ける。日本ワーグナー協会賞受賞。また、オペラ以外にも、国内主要オーケストラのアルトソロとして活躍。帰国後、リサイタル等、演奏活動の場を広げ、世界的にも珍しい真正アルトの音色と豊かな声量など、高い評価を得る。また、故郷、岩手の文化大使を務め、東日本大震災の被災地校での無償コンサートを定 期的に行う。伊原直子、G:HORNIK各氏に師事。