ヴィオラ・ダ・ガンバ講師 鬼澤悠歌(おにざわ はるか)

東海大学教養学部芸術学科音楽学課程を主席で卒業。大学の代表として第80回読売新人演奏会に出演。同大学大学院芸術学研究科音響芸術専攻を主席で修了。修了時、日本福音ルーテル教会にてリサイタルを開催。ヴィオラ・ダ・ガンバを志水哲雄、福澤宏各氏に師事。
ベルギーにて、ヴィーラント・クイケン、フィリップ・ピエルロ、サビーナ・コロンナ各氏のマスタークラスを受講。上村かおり、ミネケ・ファン・デル・フェルデン、ジュレーム・アンタイ、トーマス・バエテ各氏のレッスンを受ける。リチェルカーレ・コンソートの演奏会に参加、バッハ・コレギウム・ジャパン、ラ・フォンテヴェルデの録音及び演奏会に参加するなど、様々なアンサンブルでソロおよび通奏低音奏者として活動している。ジョーバン・バロック・アンサンブル、メンバー。

ヴィオラ・ダ・ガンバについて