チェロ講師 小林奈那子

3歳よりピアノ、12歳よりチェロを始める。

慶応義塾大学文学部ドイツ文学専攻卒業、東京芸術大学音楽学部大学院古楽器専攻修了。
チェロを鈴木秀美、ケルテース・オットーの各氏に、室内楽を植田克己、河野文昭、カーロイ・ボトヴァイ、ゲーザ・ハルギタイの各氏に師事。2005年より、ハンガリー国立リスト音楽院に留学。
2006年、奨学金を得てシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭に参加、Anner Bylsma氏のマスタークラス受講生に選抜される。これより同氏と親交を深め、数度に渡りチェロを学ぶ。
2007年、リスト音楽院の選抜者による室内楽演奏会にて、バルトークの弦楽四重奏曲を演奏。欧州各地でリサイタルや、オーケストラのエキストラとして演奏活動を行い、2008年に帰国。現在は都内オーケストラへの客演、劇伴音楽のレコーディング、室内楽、ピリオド楽器のオーケストラで通奏低音奏者として演奏するなど、多方面で演奏活動を行っている。
東京ジュニアオーケストラソサエティ(NHK交響楽団第一コンサートマスター篠崎史紀氏主催)準講師。音楽制作ユニット「七風-nanagalle-」メンバー。

チェロ講師 佐々木知子

国立音楽大学附属音楽高等学校を経て同大学の器楽科チェロ専攻を卒業。チェロを小野崎 純氏に師事。
卒業後、国立音楽大学のオーケストラ嘱託演奏員を務め、現在はフリーのチェロ奏者としてオーケストラなどで活躍中。
室内楽なども各地で出演。またTVや映画などで活躍中の作曲家 渡辺雄一氏のCDレコーディングの多数参加。

チェロ講師 上原優美子

3歳よりピアノを、13歳よりチェロを始める。東京音楽大学卒業、桐朋学園大学研究科修了後、渡欧。スロヴァキア国立音楽大学大学院修士課程修了。ウィーン国立音楽大学で室内楽を学ぶ。
草津音楽祭、Allegro Vivo(オーストリア)、Pro musica(スロヴァキア)など、国内外の講習会に参加する。クリストフ・ヘンケル、ウォルフガング・ベッチャー、ロベルト・ナジ、パノハ・カルテット各疎氏のマスタークラスを受講。チロを天野武子、苅田雅治、ヨゼフ・ポドホランスキーの各氏に、室内楽をテレザ・レオポルド氏に師事。現在、洗足学園音楽大学演奏員。


チェロ講師 上法閑

桐朋学園大学音楽科を経て同研究科修了。ハンガリー国立リスト音楽院修了。
東京文化会館新進音楽家デビューコンサート出演。
JILA音楽コンクール弦楽器部門第3位。「荻窪の音楽祭」最優秀賞。
これまで、洗足学園大学、桐朋オーケストラアカデミーなどの演奏員及び
フェリス女学院大学の非常勤副手を務める。
2005年ロイヤルチェンバーオーケストラのメンバーとしてヨーロッパ各地で演奏。
2009年~2016年バルカン室内管絃楽団、及びコソボフィルハーモニーの日本ツアー
公演に日本人メンバーとして参加。
2009年より自由空間しおんクラシックコンサートなどで企画、編曲なども行っている。
これまで松波恵子、木越洋、オンツァイ・チャバ各氏に師事。
現在ソロ、室内楽、オーケストラで活動中。